ホーム > 税務&経営塾 > ふるさと納税、本当に確定申告が不要?

←教室に戻る

ふるさと納税、本当に確定申告が不要?

ふるさと納税は、自分が好きに選んだ都道府県や市町村に対する寄付金で、寄付をした地方公共団体によってはお礼としてその地域の特産品がもらえることもあります。ふるさと納税をすると税額控除が認められており、寄付をする人の所得にもよりますが、寄付金額が一定額の範囲内であれば実質2千円で多くの特産品を送ってもらうことができるため人気が高まっています。
特に、平成27年4月1日以降のふるさと納税(寄付)に関しては、税額控除の枠が大きくなっており、実質2千円で寄付できる範囲が広くなった(特産品をもらえる量が多くなったともいえる?)ので注目を集めています。
 さらに、従来であればふるさと納税による税額控除を受けるためには確定申告が必ず必要とされていましたが、平成27年4月1日以降では確定申告をせずに税額控除が受けられるようになる(ふるさと納税ワンストップ特例)とのことで、関心を持つ人が多くなったのではないかと思います。

 ただし、ふるさと納税をしたとき確定申告をしなくても必ず税額控除を受けられるかといえば、そうとは限りません。ふるさと納税ワンストップ特例を利用できるのは、確定申告を必要としない給与所得者等に限られます。つまり、他に医療費控除等の確定申告を要する事項があれば、確定申告をする必要があります。また、特例の利用は寄付先が5自治体以内に限られていますので、6か所以上に寄付した場合には確定申告の必要がでてきます。加えて、確定申告書の代わりに、寄付先へ同特例を受けるための申請書を提出する必要があり、「お金を振り込むだけでOK」というものではないのです。確定申告しなくて済むということばかりがクローズアップされている気がしますので、この点は要注意です。